写真を撮る時、笑顔になれない、顔がヒキツル・・。そんな時に簡単に笑顔になれるコツ5つ

写真を撮る機会がどんどん増えている昨今。
良く聞こえてくる言葉が・・・

「写真を撮る時、笑顔になれないんです」
「写真撮るよ、って言われると顔がこわばります」
「皆、笑っているのに私だけ怖い顔だ・・・(>_<)」

 

 

 

 

 

 

 

 

このように思っている方は少なくありません・・。

『笑顔の伝道師』であるワタクシに
「どーしたら先生みたいに素敵な笑顔になれますか?」
とよく聞かれます。(手前味噌でスミマセンm(__)m)

その時に必ず答えることは
「それは筋肉が固まっているので動いていないんですよ!」
「顔の筋トレが必要ですよー♪」
というと、ほとんどの方がビックリなさいます。

「え!?筋肉!?」

笑顔になるのに理屈はいりませんから(^_-)-☆

【1】顔にたくさんの筋肉があることに気付きましょう

首から下の筋肉を鍛えている人は多い。
健康ブームも定着したので益々体を鍛える人は増えていますし
鍛えなくっちゃ!って思っている人はもっといると思います。

けれど、顔の筋肉を鍛えよう!って思う人は残念ながら少数派 😥 

「筋肉」としての組織は顔もカラダも同じなので
鍛えないと・・・・衰える、固くなる、歪む・・・^_^;

女性男性に限らず、これらの言葉はあまり耳にしたくないでしょう。
出来ることなら、衰え知らずで柔軟な筋肉を手に入れたい!

これも顔もカラダも同じことです。

顔の筋肉を動きやすく、柔軟にしておくことで
「笑顔」はもちろんのこと、表情豊かな人になれるのです。

そうすれば、カメラを向けられたとき、スマホで皆と写真を撮るときに
瞬時に笑顔になれちゃいますよ!

【2】笑顔になる時に必要な頬の筋肉

「笑顔」という表情になるための使う筋肉はいくつかあります。
代表的なのは頬の筋肉

 

は顔の中では一番面積が広い。
そして、左と右に同じようにあるので、目の前の人に届きやすく
人に与える印象がとても大きいのです。

しっかりと動いているか!
動くことで頬の位置が高くなっているか!
この2点で、笑顔の印象を与えやすくなります。

口角から目尻に向かっている筋肉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「口角上げてー」と良く言いますが
口角を引き上げるのは、頬のチカラが重要です!

【3】笑顔になるときに必要な口周りの筋肉

そしてもう一つの口の周り。
口の周りの筋肉は
口を「縦横斜め・閉じる開ける」ときに使っています。

リップラインを意識するとわかりやすい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

笑顔になるときには、自然と動いている部分です。
また、お話をする時にもとても重要な筋肉です。
お食事する時も!

 

今は、口から言葉を発していたコミュニケーション方法が
SNSやメールでの会話をすることが増え、
口を動かさなくてもよくなってしまいました^_^;

日常動かさないと、その筋肉は簡単に衰えてしまいます。
だからこそ、自ら動かして鍛えることが大切なんです♪

まずは
顔に筋肉があることを意識して!
顔の筋肉を動かし、目覚めさせる!
そして、
顔の筋肉を鍛える=筋トレをしましょう!

そうすれば、
顔の筋肉=表情筋が柔軟になり、動きやすくなります。

「笑顔」には、簡単になれちゃいます♪

【4】白い歯も大きな役割

歯磨きのコマーシャルや歯科医のお話でよく出てきます。
「笑顔の美しさは白い歯が命」
「素敵な笑顔は白い歯から」
「白い歯で笑顔を素敵に」

笑顔と白い歯は切っても切れない関係ですね。

「スマイルライン」というのを聞いたことがありますか?
笑ったときに上の前歯の犬歯から反対の犬歯までの先の部分を
結んだ線をスマイルラインといいます。

 

 

 

 

このスマイルラインと下の唇のラインが一致しているのが
素敵な印象を与える笑顔です。

白い歯(前歯)が見えて、このスマイルラインが美しいと
人は「素敵な笑顔だなー」って感じるんです。

そのためには歯のお手入れも大切です。
食後の後の歯磨きや定期的に歯のメンテナンスなど
お顔のお手入れと同じように、歯のお手入れにも気を配りましょう。

ちなみに、20年以上お世話になっている歯科女医が仰るには
「年齢と共に歯は擦り減ったり歯茎が痩せていきます。
  だから、スマイルラインも平坦になっていくんですよ」

それならば、歯がすり減って平坦になっても
前歯が見えるように口角をキュッと上げたら補えそうですよね(^_-)-☆

【Ⅴ】カメラやスマホで撮られるときのポイント


最後に撮られるときのポイントをお伝えします。

【カメラをじーっと睨まない】
【レンズ何処!?と意識しない】
【撮ってくれている人に向かって笑顔になる】

そうすると、優しい笑顔の出来上がりです!
今度写真を撮るときに、是非試してみてくださいね♪

『笑顔は筋肉です!!』 

【おまけ】★笑顔を上手に撮る!ポイント★

最後に・・・
笑顔がいっぱいの写真を撮るポイントをお伝えしましょう。
(技術的な事ではありません・・・)

1)撮る人が笑顔であること
2)撮る人がちょっと変顔をすること
  (無理せずにちょっとだけでいです!(^^)!)

この2点は、
「笑って~」とか「はい、チーズ」「ハッピー」
「はい、キムチ―」などよりも
えがお率がぐっと上がります 😉 

カメラで撮っている人が
笑顔だったりちょっぴり変顔だと
撮られている人は思わず笑っちゃいますよね!

その瞬間を狙ってください♫
連写すると、必ずいい写真があるはずです(^_-)-☆

なお、撮られる人が一人でも複数でも同じデス。

そこには笑顔が溢れる空気に包まれ
撮っている貴方も嬉しい気持ち・温かい気持ちになりますよ♥

一年中、色々なシーンで写真を撮る・撮られる機会が多いですので
その時に、素敵な笑顔に囲まれますように♪

~楽しいから笑顔になるのは自然な事
 笑顔になるから楽しい気持ちになる~

 

 

 

 

 

メールマガジンでは
「笑顔」に関する様々なこと等を発信しています。

下の★えがおマーク★画像をクリックしてくださいね。

 

 

 

是非ご登録ください♪